初めての引越し業者にあたふたしていました

私は当時、埼玉県に住んでいました。寮に住んでいたのですが、近くに塾があり夜遅くまで楽しそうな声が聞こえてきて眠れない。夜勤もあるため、静かな所に引っ越しを決めました。

新しい家は、車で10分ぐらいの所であまり離れてはいません。ですが、大きな冷蔵庫やベッドなどは業者に頼んだ方が早いだろうと思い、ネットで検索してみました。10社くらいみつかり、まとめて見積もりを請求すると、それぞれの会社から電話がきます。メールで見積もりが来ると思っていた私はちょっと驚きながら、それぞれの会社から話を聞きました。

その中でも、いちばん引越し料金が安いプランの業者に決め、電話をかけてみると疲れた声のおじさんが対応してくれました。後ろで電話がなっている音が聞こえてくるし、引っ越しが多い時期だった為なんだか申し訳なくなり、せめて出来るだけ明るく話そうと思いました。

自分でダンボールを梱包し、業者の方には運んでもらうだけのプランだったため、事前にダンボールが届く事になりました。そして、気がつくと玄関前にダンボールが届いていました。
いつ届いたのか不思議でしたが、ダンボールをみたら本当に引っ越すのだとワクワクしてきて、さっそく梱包を行いました。大雑把な性格なので、割れやすい皿などの陶器やヒビが入ったら困るCDやDVDは洋服の間に入れました。

また、本が好きで大量にあったのですが、ダンボールに入れれる分だけ詰め込みました。自分では持てない事に当日気がつき大丈夫か不安だったのですが、大丈夫でした。作業員のかたは軽々と本が詰め込まれたダンボール3箱を一気に運んでいきました。

良かったと思っていたら、一つだけ失敗してしまいました。冷蔵庫の電源を抜くのを忘れていたのです。そのせいで、作業員の方の服が濡れ部屋もびしょびしょになってしまいました。
そんなことも良くあるのか、作業員の方は敷物を持ってきて対応されていました。流石ですね。あと、失敗ではないのですが、業者の方が作業している間、なんだかどうすればいいか分からなくて困りました。ただ見て居たのですが、それで良かったのか…?

電話で業者を手配したのも、自分で引っ越しの準備をしたのも、全部初めての体験であれで良かったのか分からないところもありますが全体的に素早く引っ越し出来て良かったなぁと思います。

引越し料金は格安の方がイイ|元引越屋伝授の裏技
引越し料金を格安にするための秘訣を徹底解説。格安料金で引っ越しをする為に最適な方法を詳しくご紹介します。
知っているだけで得をする格安引越しの方法とは。